祭りびと » 広島県 » ひろしまフラワーフェスティバル

ひろしまフラワーフェスティバル

「広島と世界を結ぶ平和の花の祭典」として毎年5月3日から5日の3日間にわたり開催されます。3日の「花の総合パレード」を皮切りに、約250団体が披露するステージ、物産展などが開かれる80か所のひろば、そして5日の「きんさいYOSAKOI」など多彩な催しが展開されます。


ひろしまフラワーフェスティバルのトップ画像

ひろしまフラワーフェスティバルの歴史

広島県広島市で「広島と世界を結ぶ平和の花の祭典」として行なわれる市民参加型のお祭りです。ゴールデンウイーク期間中の5月3、4、5日の3日間にわたり、平和大通りと平和記念公園の周辺一帯で、市民も多く参加したパレードやイベントが繰り広げられます。
祭りが始まったのは1977年。1975年に平和大通りで広島東洋カープのセリーグ優勝パレードで30万人もの観客を動員して盛り上ったことが祭りが始まるきっかけの一つといわれています。この盛り上がりにより、国際平和都市へと発展した広島に市民が共有できる新しいお祭りを作ろうという機運が高まり、1977年に初めて開催されました。
以降、次の3つのスローガン、「広島を緑と花と音楽のあふれる街にしよう。平和に生きることのすばらしさを参加者全員で分かち合おう、広島から世界へ豊かな生活文化と、温かい人間関係の交流を呼びかけよう」という思いを軸に展開されています。
メインの催しは初日の花車と市民参加による花の総合パレードと、最終日の「きんさいYOSAKOI」の演舞パフォーマンス。さらに大通り沿いや市内各所では多くのステージが設けられ、さまざまな催しやパフォーマンスが祭りを盛り上げます。今ではゴールデンウイークの祭りとしては全国トップ規模の参加人数を誇ることで知られています。


ひろしまフラワーフェスティバルの見どころ

ぜひ一度は見ておきたいのが、高さが8メートル程度もある祭りのシンボルタワー花の塔。毎年全国公募した中からデザインが選ばれ、バンジーやカーネーションなど本物の花で彩られたとても華やかな塔です。塔の先には平和の火がともされ、祭りの期間中、燃え続けます。
祭りの最大のメインは3日の花の総合パレード。田中町から平和記念公園までの約1.2キロメートルの平和大通りを、あでやかな花や飾りで彩った花車や、衣装や演出に花をあしらった100近いチームや企業、学校、プロスポーツといった様々な団体がパレード。それぞれがお揃いの衣装に身を包み、ダンスや踊り、音楽、パフォーマンス等を披露しながら平和大通りを行進。観衆の声援とともに熱気に包まれます。海外からのチームも参加し、独特の衣装やパフォーマンスにより大きな声援が送られます。
お祭りを締めくくるイベントが、最終日のきんさいYOSAKOI。全国各地から集まったよさこいの大小さまざまなチームが、平和大通りをパレードまたはステージで圧巻のパフォーマンスを見せてその演舞を競います。ステージでの息の合った演舞ももちろんですが、パレードでの流し踊りはステージとは違う動きで見応えがあり人気を呼んでいます。
そのほかスペシャルゲストとして、豪華なゲストが登場する特別ステージも毎年人気の催しの一つ。広島にゆかりのあるゲストが選ばれ、観客の熱気とともに祭りを盛り上げます。
この祭りは多彩な催しがあり、様々な楽しみ方ができるのも魅力の一つ。大通り周辺や市内各所には30近くのステージが設置され、ライブや演奏、ダンスやトークショー、神楽、スポーツなどバラエティ豊かな催しが行なわれます。平和大通りの緑地帯には観光物産展やフリーマーケット、体験コーナーなどがあるひろばと呼ばれるブースも数多く設置されているので、退屈することはありません。
祭りの魅力は昼だけではありません。昼の華やかさとはうって変わって夜は平和記念公園周辺が幻想的な雰囲気に変わります。平和へのメッセージを書いたフラワーキャンドルメッセージに火がともされ、折りづるみこしもライトアップ。美しい夜景に平和への静かな祈りを感じてみてはいかがでしょうか。


ひろしまフラワーフェスティバルの注意点

祭りの期間中は、市内各地でステージ等が開かれるので、パレード以外どこへ行けばよいかわからない人もいるかもしれません。ウェブを閲覧もしくはガイドブックが配布されているのでそれを参考に時間と場所をチェックしましょう。平和大通りから近い場所ばかりではないので、時間等に気を付けて移動してください。なお、パレード時には平和大通りが歩行者天国になるなど車の規制がかかる場所が多いので、広島市内中心部の移動は車よりもバスや路面電車を使うのがおすすめです。路面電車がある方面であれば、渋滞のない路面電車の利用が良いかもしれません。
期間中は大変混雑します。とくに3時間以上あるパレードの時間帯は平和大通りの沿道はびっしりと人で埋まります。良い場所でパレードを観覧しようと思えば、早めに行って場所取りをしておくのが良いでしょう。ただパレードをきっちり見るのではなく雰囲気を楽しみたいという人は、屋台を楽しんだり、パレードを眺めたりしながら沿道沿いをゆっくり歩くのがおすすめです。
なお、スペシャルゲストのステージは、早くからの場所取りが必須です。
気になる食事ですが、平和大通り周辺、さらに少し足を伸ばせば広島の繁華街もあるので食事のできる店はたくさんあります。ただし人が多いので時間帯によっては混雑するかもしれません。とはいえ大通り沿いには屋台がひしめいており、観光物産展などもあるので、気軽に食べる分には困ることはありません。屋台や観光物産展で各地の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。
3日間とも行く人もいれば1日だけ行く人もいるでしょう。3日間ともそれぞれ多くの催しがあるので場所と時間を確認しながらお気に入りを選んで楽しんでください。




祭り有名番付

関脇クラス

※祭りびと制作委員会による独自評価。対象となる祭りがどのくらい知名度があるか全国調査により格付け。


祭り要素

その他
自然
踊り・神輿

祭り評価

歴史アイコン
歴史
ビジュアルアイコン
ビジュアル
★★★
屋台アイコン
出店
★★★
環境アイコン
環境
★★★★
アクセスアイコン
アクセス
★★★

※祭りびと制作委員会による独自評価。各項目毎★5つが最高評価。☆は詳細が不明のため評価なし。

祭り日程 2018

2018年5月3日~5日
日程・概要5月3日~5日
5月3日
花の総合パレード 11:00~14:30
ステージ 14:30~18:30
ひろば 11:00~18:30
5月4日
ステージ 11:00~18:30
ひろば 11:00~18:30
5月5日
きんさいYOSAKOI 11:00~15:00
ステージ 14:30~18:45
ひろば 11:00~18:30 等


祭りを見る&祭りに参加する

祭りを観覧する 祭りに参加する
観覧料金 無料 参加料金 無料(一部有料あり)
観覧予約 必要なし 参加予約 当日予約可

来場者層

おひとり様
おひとり様
家族
家族
カップル
カップル
友達
友達
来場者数 1,538,000人

アクセス

住所 広島県広島市中区中島町1および中区大手町1-10
交通アクセス 広島電鉄「原爆ドーム前駅」下車

駐車場

駐車場 無し

主催 ひろしまフラワーフェスティバル企画実施本部
公式URL http://www.hiroshima-ff.com/

ひろしまフラワーフェスティバルのレビュー

まだレビューがありません